ホーム >  協会事業 >  インターンシップ実習学生からの感想

インターンシップ実習学生からの感想

関西消費者協会では毎年、夏にインターンシップ実習学生を受け入れています。
平成29年度は1人のインターンシップ実習学生を受け入れました。
商品テスト・消費生活相談業務の見学、啓発講座の補助など6日間の研修を通して様々な経験をしていただけたようです。感想を書いていただきましたのでご紹介します。

 私は関西消費者協会で6日間のインターンシップを経験しました。講座のアンケートの入力や集計、夏休み若者向け特別啓発事業の補助などが仕事の主な内容でした。私は今までインターンシップの経験が無かったため不安でしたが、関西消費者協会の方々が大変優しく指導して下さったので、緊張することなく業務を行う事ことができました。
 今回のインターンシップの経験は、今後の消費者としての自分の意識を高めるきっかけになりました。今まで私は消費者トラブルを自分には関係のないこと、自分だけは大丈夫など根拠のない自信を持っていましたが、夏休み若者向け特別啓発事業の補助を通して、消費者トラブルは自分にも十分に起こり得ることだと知ることができました。そして誤った知識を持って生活していくことの怖さも痛感しました。今回のインターンシップの経験を、今後の就職活動や生活で活かしていきたいと思います。

(明治学院大学 法学部2年生・女性)

Copyright(c) 2013 The Society for the consumers of Kansai All Rights Reserved.